-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30代~の真剣にご結婚を お求めの方の為だけのサービスLuxuryMariage。 最大規模の会員数35000名超の中から お選びいただける充実なシステムです。 リーズナブルな安心価格で、 1:1の親身なスタッフのサポートシステムですので 安心してご利用いただけます。 詳細はこちら


2013-05-30 09:17 | カテゴリ:未分類

雑誌に載っていた洋服と同じものを買ったのに「自分には似合わなかった……」「着こなしが難しかった」、かわいいと思って買ったのにいざ着てみると「イマイチだった」などなど。『Menjoy!』読者の皆さんは、そんな経験ありませんか?

似合わない、想像と違う、派手すぎる、地味すぎる、などと、自分のファッションに対して“何かおかしい”と気付く女性なら改善の余地がありますが、“いまいちな格好”をしていることに本人が気づきもしないという可能性には要注意。

周りの男性からは「センスが悪い」「ダサい」というレッテルを貼られてしまっているかもしれませんよ。

そこで今回は、『マイナビニュース』で実施されたアンケート調査「デートでがっかりした女性の服装」の結果をもとに、男性がドン引く女性の服装4つについてお届けします。

思い当たることがないかどうか、ぜひ最後までチェックしてくださいね。



■1:パンツスタイル

<かわいさが全く感じられない服装できた、下がジーパンで、上が地味なセーター」(26歳男性/不動産/その他)>

<デニムにスニーカーを履いてきたこと」(27歳男性/その他/技術職)>

<三回目のデートまでにスカートをはいてくれないと脈なしと判断している」(34歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)>

たとえオシャレで、格好よく着こなしていたとしても「そもそもパンツスタイルはNG!」という意見が多数。デートの回数を重ねればパンツスタイルでも問題ないのでしょうが、最初のうちは“かわいらしさ”を演出するスカートファッションが支持されるようですよ。



■2:ミニスカート

<ミニスカートが全然似合っていなかった(35歳男性/その他/その他)>

<キャラと違いすぎるミニスカート(32歳男性/小売店/販売職・サービス系)>

「パンツスタイルがダメなら、ミニスカートもダメ!」 とは、なんとも厳しい意見ですね。ただ、この場合は似合っているのであれば問題ないよう。でも、なかには「ミニスカートが嫌い」という男性もいるので、あらかじめ彼の好みをリサーチしておくことをオススメします。



■3:個性的すぎるファッション

<上下スウェット、ヤンキーみたいな(33歳男性/機械・精密機器/営業職)>

<ゴスロリ(26歳男性/医療・福祉/事務系専門職)>

<ギャルっぽい(26歳男性/建設・土木/事務系専門職)>

男性にがっかりされてしまう理由がよくわかりますね。自分の好きな服装をするのは大いに結構ですが、デートに着ていくのは避けたほうがよいでしょう。やはり“ルックス”も重要な要素の一つですからね……。



■4:だらしないファッション

<中学時代からはいてるというスカートをはいてこられたときはさすがに引いた……物持ちいいとかいわれても、10年もはくなよ(29歳男性/電機/技術職)>

<コートのボタンが取れていた(42歳男性/医療・福祉/専門職)>

中学時代からはいているスカートを着るのはよいかもしれませんが、カミングアウトは必要なかったのではないでしょうか。ボタンが取れていたり、糸がほつれていたりもよくあることですが、そのままにしておくのは女性らしさに欠けるので気をつけたいポイントですね。



以上、男性がドン引く女性の服装4つについてお届けしました。“自分に当てはまる!”という意見はありませんでしたか? 服装が原因でフラれてしまうことのないよう、ファッション誌などを参考にセンスを磨いたり、彼ウケを意識したファッションを心がけたりするようにしてみてくださいね。

あなたのセンスは大丈夫?男がドン引きする女の服装4つ
http://sgk.me/13QqUOh @men_joyさんから
30代~の真剣にご結婚を お求めの方の為だけのサービスLuxuryMariage。 最大規模の会員数35000名超の中から お選びいただける充実なシステムです。 リーズナブルな安心価格で、 1:1の親身なスタッフのサポートシステムですので 安心してご利用いただけます。 詳細はこちら
スポンサーサイト


2013-03-20 23:55 | カテゴリ:未分類

そろそろ本格的に結婚を考えるような相手が欲しいな……そんな想いを抱くようになったらまずは相手探しということになるでしょう。最近では「婚活」というありがたーい言葉がより一般的になり、相手を探す方法にもパソコンなどのツールを含め様々な方法が選択できるようになりました。

しかし、将来の伴侶となるとなかなかそう簡単に見つけられるものではありませんよね。では、実際に婚活を始めるときには何に注意していれば良いのでしょうか?

■ 婚活のときにやるべきこととは?

◎ 1:まずはポイントを絞り込む

婚活のときに重要なのは自分の求めるポイントをできるだけ絞っておくことです。あれもこれもと条件を増やしていけばどんどん対象者は減少していきます。まずは多くの対象者と接することを前提にできるだけ条件は絞込み1~2個の条件にしましょう。

たとえば具体的にはまず自分の希望する条件を書き出します。その中で優先順位を決め、上位の3つをお相手探しの条件とします。そしてその3つの中から2つを満たしていれば対象になる、といった絞り込み方です。絞込みの方法はこのほかにもいろいろなものがあるでしょう。

◎ 2:多くの人と接してみる

条件に合わないと思ったときにも、できるだけコミュニケーションを取れるのであれば取ってみるように心がけましょう。無理をする必要はありませんが今までには無いスタイルで結婚するような事例もあります。

まずは「どうしてもだめ!」という状況にならない限り接してみることが重要です。多くの人に接していれば自ずと見る目が養われていきます。少ない中から1人の人を選ぶよりも多くの人の中から選んだほうが良いことは、説明するまでもありません。多くの人と接することで「どうしてもだめ!」な人を早めに見極めることもできるようになるでしょう。

◎ 3:良いところを見ていく

相手を選び出すと悪い条件が目に付きだします。悪い条件を並べていてもいつまでたっても婚活を終わらせることはできません。まずはその人の良いところを意識してみるようにしましょう。良いところが相手の魅力と考えることも重要なことです。

相手の良いところを探していくことはなかなか簡単ではありません。友人や家族などの良いところを考えていけばその難しさが分かるでしょう。それでも多くの「良いところ」が見つかるようであれば、その人はあなたにとって意外に魅力のある人なのかもしれません。

■ これだけは「やってはいけない」こと

どれだけあなたが外見に気を配っているとしても、相手を外見で判断するのはやめましょう。もちろん最低限の清潔感などは必要にはなりますが、外見を相手の条件に含めていては大切なものを見落としてしまうことになりかねません。結婚は恋愛とは別物です。外見がどれだけ魅力的であっても、意外に中身がないような人も世の中には存在します。

■ 最終的に必要なのは思い切り!

妥協をする必要はありませんが大切なのは「誰と結婚するか」ではなく「結婚後どのような関係を築くか」です。相手が誰であっても、その相手と今後数十年かけてゆっくりと関係を構築していくという考え方も、決して間違った考え方ではないのです。結婚するときには少し迷いが有ったような相手でも10年後、20年後には「結婚してよかった」と思えることが理想でしょう。

■ 相手が変化することもある

出会った時点で全てにおいて満足する相手はそうそう見つかるものではありません。しかし条件を「これだけは」という点に絞っていれば意外に周囲に結婚相手の候補となる存在はいるはずです。結婚後に相手が思いもよらないような変化をすることもあります。まずは相手を排除していくのではなく、候補に加えることから始めてみましょう!

【婚活で素敵な男性を見つけるのに最小限やるべき3つのコツ】

(著:nanapiユーザー・じん 編集:nanapi編集部)

30代~の真剣にご結婚を お求めの方の為だけのサービスLuxuryMariage。 最大規模の会員数35000名超の中から お選びいただける充実なシステムです。 リーズナブルな安心価格で、 1:1の親身なスタッフのサポートシステムですので 安心してご利用いただけます。 詳細はこちら


2013-01-15 00:24 | カテゴリ:未分類
ジャンル:独身・フリー テーマ:今日の独り言

 ツイッターを中心に、今、女性たちの間で人気がある経営戦略アドバイザーの坂之上洋子さん。ツイートは、秒速リツイートされ、ものすごくたくさんの人にお気に入り登録されている(ふぁぼられるともいう)。恋愛・結婚についてのツイートをまとめた本『結婚のずっと前』(二見書房)は、“短い言葉で本質をついてる”とモデルの小泉里子をはじめ、女性たちの支持を集めている。自身は、エリートの恋人と別れ、当時、無職で貧乏留学生だった男性と結婚した経験の持ち主。中国系アメリカ人の応用数学者の夫と20年連れ添いながら今でも、ものすごく仲良しという坂之上さんに、2012年婚活宣言し合コンに参加するも連敗続きの当サイトのアラサー女性記者が、今年こそは!と、“いい結婚”について聞いてきた。

――ズバリ、結婚相手を選ぶときに重視するべきところを教えてください。

坂之上:心底ズルくない人、かなぁ。ズルくない人はね、結局最後は、みんなに好かれて、なんでもうまくいくと思うんです。

――なるほど。

坂之上:根っから明るくて、裏表がなくて、良いことをしようと思っている人って、そばにいて気持ちいいじゃないですか。

――どうやって見分けるのですか。

坂之上:男の人がどういう人なのかは、「自分以外の人に」どう接しているかをじ~~っと見てたら簡単にわかると思います。

――例えば?

坂之上:一緒にいて、お店の人、路上生活者の人、目上の人、有名人、親。部下。色々な人に接するでしょう? その態度が、ね。それぞれに違うとしたら、まぁ、その程度の人とはつきあわないほうがいいと思います。いつもどこでも誰に対しても誠実な人なのか?って、大事だと思う。

続きは
http://www.news-postseven.com/archives/20130114_163558.html

すごい先生が現れましたよ!!!
私も勉強させていただきますわ!!!

【PR】

◇婚活企業、結婚相談所を運営のみなさんそのホームページで本当に集客できていますか?「婚活コーダー」にご相談ください。

◇効果が出なければずっと0円!安心の成果報酬SEO対策研究室 ~東京から全国へ~

◇【格安ホームページ】ホームページ制作のみならず、ECサイト・ネットショップ制作・構築、ポータルサイト構築・webシステム開発から初期0円完全成果報酬のSEO対策に至るまで、お気軽にお問合わせ下さい!

◇冬はかんじきでハイキングもおもしろい! ハイキング百景






30代~の真剣にご結婚を お求めの方の為だけのサービスLuxuryMariage。 最大規模の会員数35000名超の中から お選びいただける充実なシステムです。 リーズナブルな安心価格で、 1:1の親身なスタッフのサポートシステムですので 安心してご利用いただけます。 詳細はこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。